ネットワークビジネスをする上で必要な確定申告と消費税

ネットワークビジネスをする上で
大切なことなので覚えておきましょう



確定申告とは?

確定申告


1年間(前年1月1日~12月31日)の

「所得」と「所得税額」を計算し、

所得税を納める手続きのこと。


国民の3大義務のひとつが「納税の義務」です。


会社に雇われていれば給料から税金が天引きされています。
払いすぎている税金があれば、「年末調整」で精算され、
お金が戻ってきますよね。


一方、ネットワークビジネスのディストリビューターであれば
個人事業主に当たるため


払わなくてはならない、
または、払わなくてもいい、
または、払いすぎている
税金がないかを自分自身で精算する必要があります。


ネットワークビジネスでお金を稼ぐ場合、
税金は確定申告という形で、

自分から毎年3月15日までに税務署へ申告しに行きます。


書類は郵送でもOKです。

どのくらいの収入があれば確定申告が必要?



例えば、専業主婦で、ネットワークビジネスを
専業としていて、報酬から経費を引いた所得が
年間38万以上あれば確定申告が必要です。


また、サラリーマンやOLのように
本業の収入があって、副業などで
ネットワークビジネスに取り組んでいる人で
所得が年間合計20万円以下の時は申告が必要ありませんが、
20万円を越える時には、雑所得として申告しなくてはいけません。


有職者の人は目安として、

月々に平均1万5000円以上を

ネットワークビジネスで稼げるようになったら、

確定申告を意識していくといいと思います。


確定申告の方法は、”白色申告“と”青色申告
の2つがあります。


白色申告“はお小遣い稼ぎ程度の人や
確定申告の初心者、時間をかけずに簡単に納税を
行いたい人などに向いています。


青色申告“は目安として、
年間200~300万円以上の副収入があり、
ネットワークビジネスだけで生計を
立てられる人に向いています。

申告


お金が返金される場合があります



ネットワークビジネスのビジネス活動によって得る収入で
日本に営業所のある企業の場合は、
基本的に10%の源泉所得税が引かれてから、
自分の口座に振り込まれています。


でもこれは一時的に所得税を引かれているだけです。

1年間のトータル所得から計算すると、

所得税を多く払いすぎている場合もあります。

また、経費がかかり、実際は赤字である場合なども同じです。

ネットワークビジネスでの経費とは?



経費とは、ビジネスをする上で必要なお金のこと。


ネットワークビジネスには、
ほかの事業では認められにくいような
特有な経費がたくさんあります。


ネットワークビジネスでの必要経費の例を
挙げてみます。


※完全在宅でのネットワークビジネスでは
不必要になる経費があるので注意が必要です。


地代家賃…事務所の家賃、借地の地代など

減価償却費…パソコンなど10万以上で減価償却により資産管理するもの

水道光熱費…自宅兼事務所の場合は、仕事として使用している割合を計上

通信費…電話代、サーバー代、プロバイダー代、インターネット接続費、郵送代

消耗品費…10万円以内の消耗品、プリンターのインク代、用紙代、事務用品など

交際費…打ち合わせにかかった飲食代など

旅費交通費…電車代、バス代、タクシー代

修繕費…自動車や、パソコンなど設備の修繕費

車両費…ガソリン代、駐車場代、高速料金など

新聞図書費…ビジネスの勉強に必要だった新聞や雑誌、書籍など

見本品費…サンプルを配るために購入した商品にかかった費用

研修費…セミナーなどで掛かった費用

広告宣伝費…インターネット上で宣伝活動をした場合

雑費…ネットワークビジネスに掛かったその他費用


事業所得がある人は記帳と帳簿書類の保存が必要。


主なものは、現金出納帳と経費の領収書です。
領収書がない経費は、出金伝票に記帳します。

販売型はどうなる?



販売型のネットワークビジネスは
他に、消費税の申告が必要になります。


売り上げが1000万円を超えると、消費税の課税対象になります。


所得税ではなく事業の売り上げに対する課税(消費税)です。

例え事業が赤字でも、事業の総売上が1000万以上を

超えると掛かってきます。


消費税は稼いだ年には掛かりませんが
翌々年度の売り上げに対して課税されます。


今は8%ですが、いずれ10%になると考えられます。


小売のある販売型では、販売した金額の合計が事業売上です。
売上の中には、原価である購入費も含まれています。


ですので…


小売している人は、年間の総売上1000万円は簡単に超えてしまうのです。


例えば

500万円の製品を600万円で2個売ったら…
売り上げは1200万円で利益は200万円です。


消費税は、利益の200万円ではなく、売り上げの1200万円に対して
発生しますので、売り上げの1200万円から仕入れコストや経費を引いた金額の
8%が消費税になります。


販売型ネットワークビジネスが、これに該当するので注意が必要です。

購買型はどうなる?



販売型と違って購買型は主宰企業会社から得るコミッションのみが
事業売上となります。


年収1000万円までは消費税は必要ありません。


ですので、先ほど述べた利益200万円に対して購買型は
消費税0円と言うことになります。


ビジネスを始める際に税金は出来る限り抑えたい!

売上全てに消費税がかかる販売型ネットワークビジネス

利益だけが売上とみなされる購買型ネットワークビジネスでは


もちろんリスクの少ない購買型が良いですよね!

少しは参考になったでしょうか。


豊かな人生を送りたい。今から始めるインターネットMLM



バナー



a:216 t:2 y:0