スーパーフード

スーパーフード

スーパーフードとは?

スーパーフードとは、簡単に言えば、
栄養価が高い食材で、健康を維持していくために良い
とされる食品のことを指しています。


とくに、近年は健康志向が高まり、青汁やサプリメント、お茶などを

毎日の食生活に適度に取り入れている人も増えてきています。


一般の食品と比較しても、栄養価が高い食品のことをスーパーフードと言い、
海外では日常的に食されているものもあれば、日本国内でもわたしたちが
身近に食しているものもあります。

スーパーフードの歴史

スーパーフードの始まりは1980年代頃のアメリカやカナダで、
食事療法を研究する医師や専門家の間で
有効成分を突出して多く含む食品に対して
スーパーフード」という言葉が使われはじめました。


スーパーフードが一般に広まったのは、
アメリカの医師スティーブン・プラットの著書
スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品』(2004年)
によるところが大きいでしょう。


この本ではスーパーフード
健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品
と定義し、抗酸化作用が高いもの老化生活習慣病の予防によいもの、
がんのリスクを遠ざけるものなどを紹介しています。

スーパーフードの定義

栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。


一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。



ネット展開のネットワークビジネスはこちら



バナー



a:162 t:1 y:0