エッセンシャルオイル

木

エッセンシャルオイルとは??



地球は様々な形や大きさ、色および香りの多様な植物で覆われています。
この植物一つひとつには、通常私たちが肉眼では見ることのできない化合物
含まれており、これらは植物の樹皮、または他の部分に潜んでいます。


このような化合物は「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれます。


濃度がとても濃いため、有用性も非常に高いものです。

エッセンシャルオイルの科学



エッセンシャルオイルには、
物質の状態が急速に変化する揮発性という特性があります。


エッセンシャルオイルに含まれる揮発性芳香化合物は、
その化学的特性として空気中に素早く拡散します。


ボトルを開けると、離れた場所にいてもエッセンシャルオイルの有用な香りを
即座に感知できるのは、この特性のためです。


エッセンシャルオイルを使う時、揮発性芳香化合物が空気中を素早く移動し、
脳内の嗅覚受容体に直接作用するので、使う人はそれを香りとして経験します。


これまでに3000 種類以上もの揮発性芳香化合物が発見されていますが、
この化合物によって

それぞれのエッセンシャルオイルの有用性、香り、そして特性がほぼ決まります。


この特有の化学的特性があるために、一つひとつのエッセンシャルオイル
植物の種によって異なるものとなり、
さらには同種であっても植物の個体差を反映したものとなっています。

エッセンシャルオイル活用の歴史



エッセンシャルオイルについては、
新しい潮流として捉える見方もありますが、

植物の抽出物や植物をベースとした製品は古くからある伝統に深く根ざしています。


古代文明においては、芳香療法身体の手入れ宗教的儀式美容食事などに
植物が使われていました。

エッセンシャルオイルの製造方法



高品質のオイルを製造するために主に「水蒸気蒸留法」および「圧搾法」を用いています。
この2つはいずれも自然な方法で、
芳香化合物の有用で強力な香りを損なわずに保つことが可能です。

覚えておきたい重要なことは
「すべてのエッセンシャルオイルが同じように作られている訳ではない」
ということです。


オイルの純度は生育地、蒸留方法、天候、および
他の要素に依存しています。


加えて、どれだけ注意深く植物原料を選別、栽培、収穫したとしても、

蒸留プロセス次第でエッセンシャルオイルの質が保たれるか否かが決まってしまうのです。


蒸留には細部に渡る正確な目の配り方が要求されるため、
しばしば行程はよりシンプルなものとなり、
より職人による匠の技や芸術の領域に入って行きます。


蒸留作業者は、収穫、気温、蒸留の時期、使用する圧力の
加減等に細心の注意を払う必要があります。


エッセンシャルオイルを扱っている会社にも注意が必要です。




ガーベラ ライン